🐥note.

小鳥とMicrosoft <3 なエンジニアの技術Blog📚

Tech

AutoHotKeyでキーボード操作を超快適にする

昔からノートPCのキーボードって苦手です。 ↑と↓のカーソルキーが普通のキーの半分の大きさしかなかったり、 ↑の左右にPageUp, PageDownがあって押し間違いが多発したり。 かといって外付けキーボードは持ち歩きたくないですし。 AutoHotKeyを導入してからは…

Visual Studio CodeのPreview状態のタブを通常状態にする地味に便利なKeyBind

Ctrl + PのQuickOpenでファイルを開いたりF12でコードジャンプすると、タブがPreview状態(タブ名がイタリック表記)で開かれます。 左:通常状態 右:Preview状態のタブ これはworkbench.editor.enablePreviewFromQuickOpenが有効なためです。 workbench.editor…

MicroBatchFrameworkとSeleniumでCLIツールを作った話(その2)

前回の記事の続きで、Selenium に関する話です。 SeleniumでWebサービスを自動操作する部分を実装します。 Webサービスは以下の流れで操作します。 WebサービスのIndexページにアクセスする リンクをクリックし、画面遷移する アップロードするExcelファイル…

MicroBatchFrameworkとSeleniumでCLIツールを作った話(その1)

ASP.NET 2.0 時代(!)に作られた社内Webサービスを自動操作するCLIアプリをMicroBatchFramework + Seleniumで作ったのでその備忘録です。

ASP.NET CoreのCreateDefaultBuilderが何を設定してくれているか

ASP.NET CoreのデフォルトテンプレートではProgram.csに以下のコードが記述されています。 public static IHostBuilder CreateHostBuilder(string[] args) => Host.CreateDefaultBuilder(args) .ConfigureWebHostDefaults(webBuilder => { webBuilder.UseSta…

2019年9月の.NET/ASP.NET Documentation Updateについて

Redditに2019年9月の.NET / ASP.NET のドキュメンテーションの更新状況について投稿がありました。 www.reddit.com .NET Core 3.0が出たばっかりなので、いっぱい変更されてますね! E-bookはページの表示言語・ロケーションがja-jpだとダウンロードリンク…

dotnet tryによるC#のInteractive Documentの作り方

dotnet tryをご存じでしょうか? Microsoft製のC#用Interactive Documentation Generator(Markdown内に書いたC#のコードをその場で実行・結果確認できる資料)です。 C#なのにjupyter notebookっぽい(?)使い方ができそうな感じで、講義用の資料を作るのに重…

Blazorの再接続画面をカスタマイズしてかわいい文鳥の画像を表示する

先日こちらの一連のツイートを見かけました。 togetter.com なるほど~ 確かにネコちゃんとか文鳥の画像が表示されたら怒りも収まるに違いない。 というわけでBlazorのリコネクト画面をカスタマイズしてみます。 カスタマイズ結果 こんな感じになりました。 …

ASP.NET CoreまたはBlazorをLocalで起動した時の警告画面を消す方法

ASP.NET CoreやBlazorをローカル環境で動かすと この接続ではプライバシーが保護されません とか このサイトは安全ではありません とか表示されますよね?こんな感じに。 起動時に表示されるアレ 上記ページを表示されないようにする小話です。

BlazorのLifecycleとShouldRenderの挙動について

こちらのサイトによるとBlazorには以下のLifecycleがあるそうです。 OnInitialized OnInitializedAsync OnParametersSet OnParametersSetAsync OnAfterRender OnAfterRenderAsync ShouldRender ShouldRenderは画面更新前に呼ばれ、画面更新するかどうかの判…

.NET Core 3.0のBlazorで作るMarkdown Editor(修正版)

※本エントリは先日投稿したエントリのコードを修正して投稿したものです。 .NET Core 3.0のBlazorコトハジメとしてリアルタイムプレビューに対応したMarkdownエディタを作ってみました。 Blazorのことよく分かってないので雰囲気で作った感が満載です。 デモ…

The Future of Blazor on the Clientの個人的まとめ

.NET Conf 2019が終わり、興奮冷めやらぬ.NETエンジニアの多いことかと思います。 .NET Confで"The Future of Blazor on the Client"というタイトルでBlazorの未来に関する発表がされました。 The Future of Blazor on the Client こちらの発表内容で気にな…

.NET Core 3.0のBlazor + ElectronでGUIアプリ開発

Electron.NETを使って.NET Core 3.0のBlazorをElectron上で動かしてみました

.NET Core CLIのdotnet watchでチョットだけ快適なTDD開発

.NET Core CLIのdotnet watchでチョットだけ快適なTDD開発 `dotnet watch`コマンドを使ってLive Unit TestっぽくTDDする話です。

Azure Developer AssociateとAzure DevOps Engineer Expertの受験体験記

はじめに 2019年9月にAZ-203, AZ-400に受験し、Microsoft DevOps Engineer Expertの認定を受けました。 このエントリは今後同じ試験を受験する方のために、受験体験談として残します。

Generic Host(汎用ホスト)用のチートシート的なメモ

ついに.NET Core 3.0がリリースされましたね! BackgroundServiceのテンプレート(dotnet new worker)が新規追加されましたし、今後Generic Host(汎用ホスト)を書く機会も増えてくかもしれませんね。 本エントリでは.NET CoreでGeneric Host(汎用ホスト)を書…

Visual Studio 2019で.NET Core Preview版を使用する設定

毎回忘れてぐぐる羽目になるので…。 設定は以下の通り。 ツール -> オプション -> プレビュー機能 setting ここにチェックを入れてVisual Studioを再起動でビルドできるようになる。

/p:PublishSingleFile=trueでdotnet publishしたときのパスの扱い

dotnet publish -c Release -r win10-x64 /p:PublishSingleFile=trueで単一ファイルの発行を際に自分自身(Exe)のパスの取得ではまった話です。

MCSD: App Builderの受験体験記

はじめに MCP 70-487に合格し、MCSD:App Builderの認定を受けました。 このエントリでは今後同じ試験を受験する方のために、受験体験談として記録を残したいと思います。 ちなみに前回の記事の続きです。

.NET CoreのPublish時に不要なDLLの出力を抑制する

※本エントリは以前Qiitaに投稿した記事です。 また.NET Core 3.0 Prev6リリース時点での話です。 .NET Core 3.0 Preview6.0からPublishTrimmedを使用することでpublish(自己完結型展開)時に 不要なDLLの出力を抑制可能となりました。 実際にどの程度サイズが…

MCSA: Web Applicationの受験体験記

はじめに 2019年4月頃からMCP 70-483, 70-486の2つに合格し、MCSA:Web Applicationの認定を受けました。このエントリでは今後同じ試験を受験する方のために、受験体験談として記録を残したいと思います。